玄米プロテインの成分を三社徹底比較!分かったことをまとめました

玄米プロテインの成分を比較してみました・分かることは 玄米プロテインと女性の健康

玄米プロテインはどんな成分でできているのでしょうか?

主な玄米プロテインの成分を比較してみて、わかったことをお知らせします

ただ「たんぱく質が豊富」なだけではない、それぞれの特徴が見えてきました。

 

玄米プロテインが効率よくたんぱく質をとれる理由

玄米プロテインは、たんぱく質をとるための食品です。

当たり前ですが、他のプロテイン同様、たんぱく質を豊富に含んでいます。

効率よくとれる、ところにシフトしてみると特徴が際立ちます。

 

玄米プロテインの製造方法

玄米プロテインは、玄米を低温圧縮し、脂質をカットしたものです。

プロテインの重量の80%が、タンパク質です。

アミノ酸スコアは100とされています。

そのため効率よくたんぱく質をとることができます。

 

玄米ご飯に比べて29倍のプロテイン!

また「玄米ご飯に比べて、約29倍のプロテインを含有しています」と解説しているのは、(株)メディエンスです。

ということは、玄米を食べるよりたんぱく質を効率よく摂取できるわけです。

アミノ酸スコアが100なのは、一般の食品では卵だけ。

プロテインの形になることで、たんぱく質を手軽にとりたい人にとって、非常に嬉しい食品になるわけです。

 

玄米プロテインの栄養成分表比較

玄米と白米を手にとっている

では、栄養成分はどうなっているのでしょう?

たんぱく質も含めて、比べてみますね。

詳しい栄養成分表がわかった製品(玄米プロテイン)三商品で比べてみます。

  1. 「micoco玄米プロテイン」ミナト製薬
  2. 「ライスプロテイン」ニュートリバイオテック社
  3. 「ライスプロテイン」ニュートリバイオテック社

micoco玄米プロテインの場合・栄養成分

「micoco玄米プロテイン」の栄養成分表(一回10グラムあたりの栄養成分表)

エネルギー 33.2kcal
たんぱく質 6.56g
脂質 0.15g
炭水化物 2.38g
食塩相当量 0.0095g

プロテインなのでたんぱく質が多いのは当たり前なので、ここでは比べません。

では、エネルギーから見てみましょう。

エネルギー33.2キロカロリーは、成人女性の一日のエネルギー必要量2,000キロカロリーとして、1.7%です。

・脂質は一日で総エネルギーの20~30%が推奨です。

総エネルギー2,000キロカロリーの成人女性は、総エネルギーの20%(脂肪エネルギー比率)にすると、

「脂肪エネルギー比率(%)=脂質(g)×9/総エネルギー(kcal)×100」の計算にあてはめると、

50グラムの脂質をとったとして、脂肪エネルギー比率22.5%になります。

ということは、50グラムの脂質をとっても大丈夫なので、そのうちの0.15グラムですから、非常に少ないですね。

・炭水化物は糖質に相当するので、2.38グラムは、白米(約100グラム(コンビニおにぎり一個分)が37グラムの糖質なので、その6.4%

・食塩相当量はごく少量ですね(一日の摂取目安は、7グラム)。

 

micoco玄米プロテインの栄養成分・結論

つまりmicoco玄米プロテインの場合は、一回分とった成分は、三大栄養素のたんぱく質、脂質、炭水化物のうち、たんぱく質を摂取するためにある、といいきれますね。

もちろんたんぱく質をとるためのプロテインですから、当然です。

そして脂質も炭水化物も、極力とらずにすみます。

塩分も気にならない量です。

ではもう一つ製品(玄米プロテイン)の例をみてみます。

 

「ライスプロテイン」ニュートリバイオテック社製の栄養成分

「ライスプロテイン」という名称は、「玄米プロテイン」のことです。

お米は日本では白米で食べるのが普通ですが、白米にすると栄養素が減ってしまうので、玄米を使ってるんですね。

さて、ニュートリバイオテック社製の「ライスプロテイン」の栄養成分表はこうです。

■大匙大盛り15gあたり(一回分)■

エネルギー 60kcal
脂質からのエネルギー  0kcal
タンパク質   12g
総炭水化物量  2g(食物繊維  1g未満 糖質  1g )
ナトリウム 10mg 
鉄   2mg
リン 80mg

上の表のときと同じように見てみましょう。

エネルギー60キロカロリーは、成人女性の一日のエネルギー必要量2,000キロカロリーとして、3.0%です。

脂質は一日で総エネルギーの20~30%が推奨ですが、この製品の場合は、ゼロ

・炭水化物は糖質に相当するので、2.0グラムは、白米(約100グラム(コンビニおにぎり一個分)が37グラムの糖質なので、その5.4%です。

・ナトリウム(食塩)は10mgなので、ごく少量ですね(一日の摂取目安は、7グラム)。

 

「ライスプロテイン」ニュートリバイオテック社製の栄養成分の結論

ニュートリバイオテック社製の「ライスプロテイン」の場合も、一回分とった成分は、三大栄養素のたんぱく質、脂質、炭水化物のうち、たんぱく質を摂取するためにある、といいきれますね。

さきの製品同様、当然ですね。

そして脂質はゼロ、炭水化物も極力とらずにすみます。

塩分も気にならない量です。

 

玄米プロテインの栄養成分表で分かること

フィットネスジムでさわやかな笑顔の女性

つまり、玄米プロテインの栄養成分表を見る限りいえることは、

  • カロリーが少ない
  • たんぱく質が多い(当然です)
  • 脂質がほとんどない
  • 炭水化物が少ない
  • 塩分が少ない

ということです。

 

製品の違いはどこにある?

それでは、何が成分として違うかは、原材料の玄米以外のものが入っているかどうかの違いです。

見た目がどれもよく似ている玄米プロテインですが、美容健康を考えた各社の想いが加わっています

先にあげた「micoco玄米プロテイン」の場合、原材料の表示をみるとこのようになっています。

 

micoco玄米プロテインの場合 原材料の表示

micoco玄米プロテインの一回分の原材料の表示は、

玄米タンパク
フィッシュコラーゲンペプチド(ゼラチンを含む)
還元パラチノース
ドロマイト
桑葉エキス末
コエンザイムQ10水溶化末
甘味料(ステビア)
ピロリン酸鉄
ビタミンC
抽出ビタミンE
ナイアシン
パントテン酸Ca
ビタミンB1
ビタミンB6
ビタミンB2
ビタミンA
葉酸
ビタミンD
ビタミンB12

美容面をサポートするものが、何種類か加えられていますね。

 

「ライスプロテイン」ニュートリバイオテック社製 原材料の表示

「ライスプロテイン」ニュートリバイオテック社製の場合の原材料の表示は(一回分)

アラニン    588mg
アルギニン   818mg
アスパラギン酸   1092mg
シスチン    288mg
グルタミン酸   2065mg
グリシン     378mg
ヒスチジン    270mg
イソロイシン   700mg
ロイシン     1092mg
リジン      614mg
メチオニン    276mg
フェニルアラニン  526mg
プロリン      732mg
セリン      594mg
スレオニン    570mg
トリプトファン   187mg
チロシン     492mg
バリン      722mg

書き出してみたら、これだけのものを加えています。

飲みやすさや栄養面をサポートしているようです。

 

玄米プロテインの成分を三社徹底比較!分かったことをまとめました終わりに

代表的な玄米プロテインの三製品の成分を、比較してみてみました。

脂質、炭水化物(糖質)が少なく、カロリーも低いことがわかりました。

「たんぱく質を補う」目的と、美容面でのサポートもみのがせません。

「玄米プロテイン」は特有の香りと味があるので、飲みやすさ、風味を工夫するための工夫がされています。

※上で成分を見た国産の「micoc玄米プロテイン」は販売中止になりました、m(__)m

現在玄米たんぱくを成分とするプロテインは数少なく、おすすめできるのはこちらです、「えんどう豆×玄米のたんぱく質を使用した最先端のプロテイン」です。

また、ソイ(大豆)プロテインには女性専用のものがあるので紹介します。

個包装で持ち運び便利、シェイカー不要の「コラティン」です。

ソイ(大豆)プロテインに「フィッシュ コラーゲン・ペプチド」を配合したものです。

Colla-Tein(コラテイン)
女性のための新しいプロテイン 【プロテイン × コラーゲン】

コメント

タイトルとURLをコピーしました